しまりすな日々。

しぃま&モコ、かけがえのない大切な存在。

タグ:モコ


☆お尻から出血・・・のつづき☆


定時で上がらせてもらい、
さっそくモコちゃんをお迎えに行くことに。


昨日は出血していたものの、
翌朝は出血が止まっていました。


モコちゃんは、食欲旺盛。
いつもどおり元気!
そして、少々タイガー気味(´◕ω◕)w


初めて行く病院は、
通勤ラッシュ時間帯と言う事もあり、
車でおよそ1時間ほどかかりました。


モコちゃんの容態が心配だったけど、
車酔いすることもなく、
めずらしげに車窓の外をじっとみつめていました。


その間、出血はなし。


本当は、もっと最寄りの病院のほうが良いんです。
容態によっては、移動中に状態が悪化する可能性もあるので・・・


モコの生命力&精神力の強さには脱帽です。


病院へ到着!
建物が少々古い印象。
診察室が2部屋あります。
院長先生に診ていただきました。


院長先生は、片手にグローブをはめ、
問診票を確認しています。


院長「モコちゃんは、5歳・・・ですか」
私「はい。」
院長「女の子だし、高齢なので、生殖器の病気の可能性が強いかもしれませんね」
私「・・・・」
院長「一度、エコーをあてて診てみますがいいですか?」
私「ハイ、お願いします・・・」


まず、旦那がモコをケージから出し、院長へ渡しました。
モコはすごくびっくりして、
お腹をみられまいと必死で抵抗していました。


モコ「ウウウグ、グググ」


ひたすら、嫌がるときの鳴き声を発していました(´Д⊂
見ていられなかったけど、
悪いところは治してもらわないと・・・


モコは院長の親指に噛みついたまま、
別室へと連れていかれました。


それから、5分ぐらい経ったでしょうか。。。
(体感的にはとても長く感じました)


放心状態のモコが戻ってきました。
目を半開きにしたまま、ピクリとも動きません・・・
初めて見るモコの状態に、すごく不安になりました。


私「あ、あの・・・麻酔したんですか・・・?」
院長「してないですよ。お腹にジェルをぬって、機械をあてて状態を診ました」


ケージに入れられたとたん、正気に戻ったモコは
勢いよく院長に飛びかかろうとしました。


院長は、務めて明るく、モコちゃんに謝ってくれました。
院長「嫌な事をして、ごめんね。びっくりしたね。もう終わったよ。」


言葉が通じるはずもないモコは、
終始興奮状態のまま、下あごを激しくギリギリし、
しっぽが最大MAXまで広がり・・・・
せまいお出かけケージ内で暴れ回っていました(´・ω・`)


診察の結果、やはり軽い子宮内膜炎と言われました。
個体が小さなシマリスは、手術ができないので
抗生物質を1滴飲んでもらい、
膿が出ないようにする必要があるようです。

膿が子宮に溜まれば、
排泄が困難となり、やがて死に至る、とはっきり言われました。


モコちゃんのお薬生活がスタートしました。
帰り道のモコは、暴れ疲れたのか落ち着きを取り戻し、
布団の中で静かに眠ってしまいました。


帰ってきてから、
病院お疲れ様と言う事で
ご褒美に落花生をあげると、
旦那の横で美味しそうにほおばって
ご満悦なモコちゃんになりました(*´ω`*)♪
_20180412_221704





















つづく☆










昨日のこと。



仕事から帰ってきて、モコちゃんの様子が少々変でした。
ケージの中に、ぽつぽつと、、、
なにやら血の跡が。
おしりをやたら気にする素振りも。。。


最近はとても暖かいからなのか、
ペットヒーター付きの寝具で寝ることはなく、
外でひらべったくなって寝ている姿を「よく」みかけていました。


その姿はまるで、うなだれているように見えましたが、
それがなんだか、亡くなる数週間前のしぃまの姿と重なり、、、


「具合でも悪いのかな?」って旦那に言ったけど
「暇なだけやろ(笑)」と返事をして、
モコちゃんをケージから出し、いつものように遊んでいました。


タイガー期のような、凶悪な姿に変貌することもなく(笑)
旦那と幸せそうにじゃれあうモコちゃん。


私が近づく隙がありませn・・・


話は戻るのですが、
おしりから少量ですが出血しているようでした。


特にこれといった傷跡は見当たらず。


「シマリスでも、生理ってあるんかな?笑」


と疑問に思うものの、今年6歳を迎えるモコ様は、
今までおしりから出血するといった症状はありませんでした。


血の状態を医師に診てもらおうと思い、
綿棒で軽く拭き取りました。


シマリス仲間が居ないので、
インターネットで検索し続けました。


「ウイルス性による膀胱炎」
「出血性結腸炎の疑い」
「生殖器(子宮内膜炎)の問題」






調べれば調べるほど、
やばい、やばい、やばい・・・・!!と焦りを感じたのですが・・・


当のモコちゃんは出血しているものの、
普段通り軽やかに走り回り、
ランニングホイールを軽快に回し続け、
出された食事はほぼ完食。


そして、旦那に向かってラブソング(発情期鳴き)を
熱唱していました(;・∀・)


ぐったりしていたり、食欲がなかったり、といった
見るからに弱っている、という様子ではないのです。
吐き戻しや下痢なども確認できませんでした。


おしりから出血しながら、旦那に向かって鳴き続けているのみ。


容態が急変したら、、、と思うと居ても立ってもいられないので、
旦那に明日、かかりつけの病院へ行こう、と言いました。
モコちゃんが出血していなくても。


だって、元気でいてほしいから。


その夜はずっと鳴き通しでだったので、
お出かけ用の小さいケージへ移し、
旦那の枕元にモコちゃんを置いて、
一緒に寝てもらいました。


そばに居られることがとても嬉しかったのか、
すっと鳴き止んだモコちゃんは、そのままぐっすり眠ったようでした。


・・・いびきをかいてたようでしたけど(笑)
聞いてみたかった!



つづく








お久しぶりです。


更新できず申し訳ありませんでした。
主役のモコ様は、とても元気で毎日を過ごされております。


モコ『・・・今日はどアップで写したらあかんで・・・』
_20180222_193127








食欲もあり、寝てばかり過ごしていた日々も、
春の訪れが近いのか、
行動が活発化し、寝ている時間よりも
起きている時間のほうが徐々に増えてきました。


以前のように、牙むき出しで威嚇する頻度が減ってきたので、
そろそろタイガー期卒業かと思いきや、
時折、思い出したかのように狂暴になるので・・・


身の安全を確保すべく、まだ部屋の中を走らせてはいません^^;


てゆうか怖い!!


ホイールで走る姿も、
最初はちょっと回しては休憩し、
ちょっと回しては休憩し・・・だったのが
夏のころのような、足取り軽やかに走るようになりました。


ただ、ひとつ気になるとすれば、、、


モコ「・・・プシュッ!・・・・プシュシュッ!」
_20180222_193647









という、くしゃみのような症状。
時々、鼻水が垂れていて
鼻ちょうちんがでることも。。。(笑)


っとすみません。
笑い事ではありませんが、
くしゃみのような咳のような、
風邪のような症状があります。
それは、最近に始まったことではないのです。
症状が出始めてからおよそ3年ほど経ちます。


ネットで検索すると、


呼吸器疾患の疑い
または、肺炎の可能性も・・・

という情報をみつけたので、
当時は慌てて病院に連れて行きました。


でも病院(専門医ではないですが)の院長によると、
ホコリやくずなどを吸い込むのが原因ではないのか、
との見解でしたので、特に主だった処置はされず、
またお薬も処方されず、診察してもらっただけで終わりました。



※病院の紹介ページに「小動物診れます」と書いてあったので連れて行ったのですが、
ウサギやフェレットなどのもっと個体の大きな動物なら診れるとのことでした。
シマリスはとても繊細な生き物ですばしっこく、
飼い主がリスを捕まえて医師が診察する、というスタイルでしか診てもらえませんでした※



とりあえずモコの症状が少しでも改善するように行動したことは、
床材(おがくず使用していたもの)を新聞紙(シュレッダーかけたもの)に変更し、
ケージ内に散乱しているモコっ毛を除去する頻度を増やしたり、
飼い主は日中仕事で不在のため、部屋の換気がままならないので
空気清浄機を置いて、なるべく不純物を除去するよう努めるなど、
思いつく限りのことはやってみたのですが・・・、
症状が重くなるわけでもなく、また軽くなるわけでもなく、
平行線のままでした。


モコ『慢性鼻炎かなぁ・・・』
_20180222_193050








そして、今年6歳になるモコ様。



おばあちゃんリスとは思えないほど、
まだまだ足腰はしっかりしておられます。


同じ年のころ、
しぃまのほうが足腰弱っていましたし。


やはり、人間と同じで
女性のほうが生命力は強いのでしょうね。


大好きな旦那の手を血まみれにしながら、
今日もたくましく生きているモコ様でした!('◇')ゞ



おわり。







今日は1月19日。
年が明けて、仕事も始まり・・・
なかなか更新できずにいた、しまりすな日々ブログ。


旧年中は沢山の方々に拝読していただき、
ありがとうございました。

相変わらず不定期更新となってしまいますが、
お付き合いいただければ・・・と思っています。


2017年4月20日は、しぃまが天国へ逝ってしまった日。
月に2~3度程度ですが、お墓周りのお掃除と、
お供え(しぃまが大好きだったヒマワリの種やゼリー)をしています。
今でも、しぃまとの思い出、行動、表情、匂い、、
鮮明に思い出すことが出来ます。
無性に会いたくなる時があり、寂しくて寂しくて
涙が出る日もあります。。。


先月28日には、2017年最後のお墓参りをしてきました。
この日は、とても良いお天気でした。
新年を迎えるために、お墓の周りの雑草を丁寧に抜き、
いつも通りの、大好物をお供えしました。
DSC_0146



















翌日には、奄美大島に旅立つ日。
無事に行って、帰ってこれますように!
そう願掛けをしつつ、2017年最後の挨拶を終えました。



モコちゃんは絶賛タイガー中だったので・・・
家にておリス番してもらいました(笑)




こんばんわ、しまりす記事更新でっす!


先日、2泊3日で奄美大島へ家族4人で行ってきたのですが・・・
流石に数日間も、モコちゃんをひとりぼっちにはさせておけないので、
旦那の実家にて預かってもらうことにしました。


最近はめっきり冷え込むので、
設定温度26度で暖房を入れつつ仕事に行くのですが、
家に帰るころ(夜7時前後)には

冷たくなって寝ていることが多いんです。





あ、死んでません!!(;'∀')
冬眠一歩手前って感じなんですね。


去年の冬は、しぃまもモコもタイガーにはなりませんでした。
モコは現在、タイガー期真っ最中であります。


今回は、モコの冬眠阻止(タイガーバージョン)の仕方について書いていきます。
※実行されてる方が殆どだと思いますケド^^;※


まずはケージに手を突っ込み、なんとかモコを起こします。
モコの様子は、と言うと。。。


ものすごーく
ねむたそーに
フラフラフラフラしながら
まるで生まれたての小鹿のように
足元がおぼつかないんですね。


体温が戻ったとたん、
噛みリスに変身するので油断は禁物です。


素手で触るにはかなりのハイリスクのため
我々もフル装備で立ち向かわなくてはなりません・・・


厚手のパーカー&手袋を装備してから、
モコがうずくまっているであろう場所へ手を差し伸べます。
_20171127_212212

































モコが手袋へ噛みついてくるのを見計らい、
そっとケージの外へ出します。
DSC_0110






















ひたすら手袋で体を包み込み、温めます・・・
牙をたてられますが、そこは我慢です・・・(泣)
_20171127_212447





















体温が徐々に戻ってくると、覚醒し始め
パーカーの生地を思いっきり引っ張り込みます。
持って帰って布団の一部にしたいのでしょうね。
_20171127_212808





































と、まぁこんな感じに元気なタイガー姿になれば
速やかにケージへ戻します。


しぃまの場合は、とにかく下に降りようとして
足の指を狙うと言った下劣な攻撃をしてきましたが、
モコに至っては我々の着ている服をひっぺがそうと、
一生懸命服を引っ張り込もうとします。


個体差によって、タイガー状態は微妙に違うようですね。



ケージに入れると威嚇してくるので、
とても大暴れしていますよ。


飼い主様によっては、冬眠させている方もいらっしゃるとおもうのですが
メソメソ家の場合は、冬眠させないよう努力しています。


どちらが正しいのかわかりませんが、
一番困るのは、冬眠したまま起きなくなる・・・ということです。
※飼育環境下ではあり得るらしいです※


眠いなら寝かせてやりたいのですが、
『いのちだいじに』をモットーに向き合っております。


タイガー期で手をやいておられるリスラー様、
心中をお察しします(´・ω・`)
この記事が少しでもお役に立てれば幸いでございます。


読んでいただきありがとうございました┏○))ペコ




このページのトップヘ